So-net無料ブログ作成
検索選択

11/18(水) "初" ウェーディング釣行 琵琶湖 北湖へ [釣 行 喜]

昨日は "初" のウェーディングに行ってきました[ぴかぴか(新しい)]初入水にワクワクしながら着込み準備[決定]

今回もブログ友達のチャリンコアングラーさんにウェーダー、入水道具をお借りして

途中合流された やまぴーさん と共に、僕のナビゲーターをしてくれました[ぴかぴか(新しい)]

南湖を主に陸っぱり、ボート釣行な僕にはお2人さんがかなり心強かったです[ぴかぴか(新しい)]

釣行エリアを広げ明日につなげて、入水前は『身体の冷えがどれくらいの時間もつだろう』

が率直な意見 水温変動の早い南湖を離れ "癒しのシチュエーション" を求めて、

まず最初に向かった先Oへ
o.JPG
小雨がパラパラ気温は8℃、そんななか恐る恐る入水へ。・・・冷たい??

んっ! 想像以上に冷たくはない!! ローライトな微風もあってテンション高く

急深なミオ筋までミノーのロングキャスト、しかし南湖慣れの僕はひとつの不安が[たらーっ(汗)]・・・

『ウィードに当たらない』 そうなんです北湖はさほどウィードが感じないんです[あせあせ(飛び散る汗)]

どのレンジを通せてるかの目安がなく、ようやく見つけたウィード群もパラ・・・パラ

なんとなくロッドで感じたポイントに当てて何度か繰り返していると、ロッドに重みが

ウィード捕まえすぎたかなぁ! と思った瞬間 沖にもの凄いスピードでラインが走る

『ヤバいデカいかも[目]』ウィードに潜られまい!!と格闘するもドラグが走る

『マジっすか!! これが北湖のバスかぁ~』と関心しつつ、ドラグ調整しながら

日頃、南湖で鍛えられている? ウィード勝負なら負けへんでぇ~と 僕の勝利に[手(グー)]

上がって来たのはお腹ぱんっぱんっ北湖バス
rudora 52.JPG
『どかぁぁぁ~~~ん』ルドラ SP にて52cmをGET[ぴかぴか(新しい)]

あなたは何食べすぎじゃぁ・・・綺麗な大型さんに 『北湖 最高』

寒さフッ飛びボルテージは最高潮!! 朝マズメのビギナーズラック[るんるん]

その後巻き続けるもこの一本のみでした。待ち合わせを逆算して次ぎへ移動



次に向かった先はA川 河口 前日の雨の影響で増水と既に暴風な状態に

濁りがかなり広がっているんですが、南湖慣れの僕には『これで濁り?』
A kawa.JPG
完全に感覚が狂う水質感 ベイトが多いと言うこの場所は来シーズンが楽しみ

サンドバーが効いた所から沖へ向けてミノーをロングキャストしていると、

沖には水鳥(なんの鳥か分かりませんが・・・[あせあせ(飛び散る汗)] が舞い、たまに水面近くに急降下

ベイトを摘んでいるんでしょうか。 このエリアはもしかして熱い?

システム ミノーFに替えてボトム ノックから水面下までライザーしていると

ここで珍事件発生[exclamation×2] 僕の投げている沖方向に急降下する水鳥発見[exclamation×2]

ロッドに重み『来たぁ~!! なぶら通ってたんやなぁ~[るんるん]』と思って合わせると、

ラインが浮上する・・・『んっ! なんですと[がく~(落胆した顔)]』みるみる内にラインは雲に昇る

『えぇぇっ~~~[あせあせ(飛び散る汗)][あせあせ(飛び散る汗)]水鳥がバイトしてフッキングしてるやん』みんなの笑い

僕は巻く、水鳥は逃げる光景がまさに "タコ上げ" 記念撮影準備中に・・・フック アウト!!

両翼広げてメーター クラスのGETならず[あせあせ(飛び散る汗)] って外れて良かったよ・・・ホッ[たらーっ(汗)]


この出来事以降 、この称号を得ることになる

とは思ってもいなかった・・・



その後はバスの反応はなく、僕の目に映るいつもの水質はここでは超濁りぎみ

待ち合わせの時間が近づいて来たので、の~びり移動開始[車(セダン)]


N で待ち合わせの道中の風景は、正に"海"そのもの瀬戸内海に似た風景に癒し

助手席のぼくはキョキョロと地理感の把握と充実した時間が流れる[ぴかぴか(新しい)]


Nに着き少しして やまぴーさん 到着! ここからは3人して『3度目の正直釣行』

集合した午前11時頃から何故か爆風!! 推定6~7m/s[台風]が吹き続けて、寒い中の入水

午前中のメイクドラマに盛り上がりながら、ワイワイ釣行開始するも・・・

超爆風でヘビキャロのアタリ分からず? 無念の移動でさらに北へと移動開始

N.JPG

昔レンタルしたファイブオーシャンを横目に 『ここまで来たんっ!!』 と距離への驚き

風裏求めてOに到着。のんび~りして夕まずめまで湾内釣行・・・僕は仮眠[眠い(睡眠)]


夕マズメにカケるため、南下して向かった先は、やまぴーさん御用達のI川河口

爆風が少し収まっている沖に張り出すサンドバーが効いて穏やかエリアを発見

水深はさほど深くないですがフィーディング バスを探し200m程歩きランガン開始

さぁやっと無理なく投げれるエリアを発見して3人してパターン探し!! 1人よりも

効率が良く、アクション、ロッドさばきなど獲りに行く為に色んな戦略話し

i kawa.JPG

自分の持っている引き出しにもキャパがあるんで意見交換は本当に楽しいです。

戦略で第一陣を切らせて頂いたミノーでキャッチした
sytem minnow F.JPG
浮かして"ドン" ライザーフィッシュは30cm くらい システムミノーF 飛距離は最高!!


その後はそのパターンがハマりみんなしてポロポロ10匹ほどGET

しかしある時間を超えてから不思議な事が、ミノーにアタリがあるんですがノらず

テキサスのようにオクって、待って、食わせて "ガツンっ" と
i kawa minnow.JPG
チャリンコアングラーさんGETのバスがみんなほぼ連発なんです。

オクりこんで食わせるテキサス リグのような釣りは分かりますが、

ミノーでこのような釣り方は初めてです。 即合わせはダメなんです[あせあせ(飛び散る汗)]

食う気ない!!とその方法をとったのですが、フロント フックにがっつり食ってるんです。

しかも南湖では110cmクラスのミノーに10cm upのバスが食って来るのは

あり得ないです。・・・恐るべし北湖 バス[るんるん]

終始10~30cm up が程よく釣れるますが、サイズupせずに・・・終了[ひらめき]


北湖はやはり南湖とは違うフィールド、バスのポテンシャルも別世界です[グッド(上向き矢印)]

北湖には多くのシチューションにバスやベイトの付き方も、風向きによって

変わるし色んな状況を把握しないと難しいですね~。まだまだ勉強が必要です[本]


今回の"初のウェーデング"はかなり充実したものになりました。

北湖の魅力には完全ハマっちゃいました[ムード]

そんな時間を与えてもらってウェーダー&ゲームベストまでお借りしたチャリンコアングラーさん

見事なナビをしてもらったやまぴーさん、ありがとうございました。

来シーズンの"ウェーディング"も宜しくお願いします。




こ~んな感じで過去の釣行写真をアップしてます[ぴかぴか(新しい)]
トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。